TOP画
名古屋教区司教 ミカエル 松浦 悟郎
~司教略歴~
1952年 9月28日 愛知県名古屋市に生まれる
1981年 3月21日 司祭叙階
1999年 4月19日 大阪教区補佐司教に任命される
1999年 7月17日 司教叙階
2015年 3月29日 名古屋教区司教に任命される
2015年 6月13日 名古屋教区司教に着座
司教紋章の説明 「Pax et Justitia Christi in Terris」(キリストの正義と平和がこの地上に)
このシンボルは十字架(点線)によって結ばれているアルファベットの
PとJから成り、「握手」と「鳩」がイメージされている。
これは、キリストの正義(Justitia)に基づく平和(Pax)が全被造物
特に、人間の尊厳が踏みにじられているこの地上で(in terris)聖霊
(鳩)の光を浴びて歩む希望を示す。

●ヨゼフ・ライネルス(神言会)/1922~1941年
●ペトロ松岡孫四郎/1941~1969年
●アロイジオ相馬信夫/1969~1993年
●アウグスチノ野村純一/1993~2015年
●ミカエル松浦悟郎/2015~現在
名古屋教区は、東京教区の一部であった愛知、岐阜の2県と新潟知牧区の一部であった福井、石川、富山の3県を合わせ、1922年2月18日知牧区として設立、ドイツの神言会に委託された。初代教区長には新潟教区長であったJ・ライネルス師が兼任し、1926年にJ・ライネルス師は新潟教区長を辞任し、名古屋教区だけの教区長となる。1941年同師の名古屋教区長辞任によって松岡孫四郎師が新潟教区と名古屋教区の教区長代理を兼任した。1945年同師は新潟教区と名古屋教区の教区長となる。1953年新潟教区長に野田時助師が任命され、松岡司教は新潟教区長を辞任し名古屋教区だけの教区長となる。1962年4月16日名古屋知牧区は司教区に昇格、松岡教区長は初代司教として叙階された。1969年松岡司教は教区長を辞任、相馬信夫師が同年司教に叙階され教区長に就任した。1993年4月5日相馬司教の後任として野村純一師が任命を受け、同年7月4日、司教に叙階された。2015年3月29日、野村司教の後任として、大阪教区補佐司教だった松浦悟郎司教が任命を受けた。
教区司教…………
司教総代理………
教区会計…………
事務局長…………
事務次長…………
顧問団……………
司祭評議会………
(2016.6.23.現在)
上記任期は2018.3までとする






法務代理…………
松浦悟郎
岩崎一二三
平田豊彦
平田政信
太田実
岩崎一二三、平田豊彦、太田実、椎尾匡文、プリヨ、ディンド
岩崎一二三(司教総代理)、平田政信(事務局長)、長谷川潤(修道会担当地区代表,OFM・北陸B)、チプリアノ(修道会担当地区代表OCD)、ビジュ(修道会担当地区代表,SVD)、プリヨ(修道会地区代表MSC)、伊藤大有(城東B)、ビジュ(修道会担当SVD)、石脇秀俊(城南B)、アンドリアヌス・ハヨン(愛岐B)、浅井太郎(濃尾B・司祭評議会)、アントニー・ビ・アンニン(三河B、司教任命)、リンストロム(教育関係)、ディンド(教育関係)、太田実(司教任命)、狩浦正義(司教任命)、平田豊彦(司教任命、城北B)、フリッツ(司教任命)、島袋幹男(司教任命)、山口正美(司教任命)、ベルン・テトホール( 福井)
太田実
責任役員………… この法人には代表役員の松浦悟郎司教をはじめ、6人の責任役員がいます。責任役員は名古屋教区の事務の決定に当たります。
評議員…………… この法人には15名の評議員がいます。評議員は評議員会を組織し、この法人の運営について役員を助け職員に協力します。
監事……………… この法人には2名の監事がいます。監事は民法59条に規定する職務を行います
〒461-0004 名古屋市東区葵2丁目6番35号
電話:052-935-2223 FAX:052-935-2254 Eメール:curia@nagoya.catholic.jp