TOP画
年間第25主日(2020年9月20日 <マタイ 20・1-16>)

〔そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。〕「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、 『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

今日の福音はぶどう園の物語と隅の親石についての話です。農夫達がぶどう園は自分の物と思い込んで主人の愛情を忘れた。言い換えれば神の愛情と寛容に対して農夫たちの行いは対照的な行動でした。
この例え話の最も大切な点は、神の国、神の恵みを表されているぶどう園は他の人たちに与えられる事です。
そして一度捨てられた石は隅の親石となった事が分かる為の例です。
皆さんがご存じですが、隅の親石とは建築を行う際に置かれる最も大切な角を決める重要な礎石の事です。
私の数年前にイスラエル旅行をした時のことです。カイサリアという町の所を訪問しました。その町はパウロがローマに向かって船出をした地中海沿岸の町でした。その後の十字軍時代の石造りの古い要塞がありました。その入口は石で固められた、とんがった楕円の形をしているのです。
楕円のとんがり部分を支える石を指しながらガイドさんが「これが聖書に書かれた隅の親石だという説がある」と説明してくれました。従って、その部分に石が無かったら建物全体が崩れてしまうということです。言い換えれば、全てのバランスを支える石は大切も隅の親石なのです。
私たち全ては神が造られ、神のものでる。現在を生きる私達も全てのもの神から預けられているのです。そして私達一人一人は、神のぶどう園の農夫として生かされている事を忘れはててはいないでしょうか?
名古屋教区 光山 相泰 助祭