TOP画
主の公現(2017年1月8日 <マタイ 2・1-12>)

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で 決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

星の導きによって御ひとり子を諸国の民に示されました。
主の公現は、英語でEpiphany,また東方教会でTheophanyという言葉も使います。この祭日の意味を考えればマタイの福音を読むのはもちろんのことですがヨハネの福音に大事な1節あります。
「いまだかつて、神を見たものはいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。」(ヨハネ、1:18)
イエスの生涯、その初めから過越の神秘まで一つのEpiphany 。神を公現すること、信徒の共同体である教会がその同じ使命を受け継いでいます。
今日の典礼、聖書朗読だけではなく、典礼文もそのことを証して、語っています。
ローマのミサ典書に倣って、皆さんの手元にある、「聖書と典礼」か「毎日のミサ」に必ずこの文章が書いてあります。
入祭の歌(歌わない場合は次の入祭唱をとなえる)。ほんとのことを言えば逆は理想です。ところで、典礼聖歌に以前この日の入祭の歌として155番をすすめます。
答唱句:目覚めよ、エルサレム輝きを放て、あなたのひかり主の栄えがのぼる。
詩編節:やみは地をおおい、くろくもは民をおう
    しかし主はあなたをてらし、栄光があなたの上にあらわれる
    国々はその光に向かってあゆみ、王たちはあなたの輝きに向かう。
残念ながらそれ以降の典礼文との繋がり簡単に見えだせませんので代わりに今日の入祭唱の意味を反映する典礼聖歌を薦めたい。入祭唱はこうなっています。
身よ、すべてを支配する主が来られる。
王国と権能と主権は、そのみ手のうちにある。
今日の三つの公式祈願は何を強調しているでしょう。(日本語訳に多少問題ありますが…..)
集会祈願
すべての民の光である父よ、
あなたはこの日、星の導きによって御ひとり子を諸国の民に示されました。
信仰の光によって歩むわたしたちを、
あなたの顔を見る日まで導いてください。
奉納祈願
いのちの源である神よ、
教会の供えものを顧みてください。
黄金、乳香、もつ薬ではなく、
主イエス・キリストご自身をあらわすこの供えものによって、
いのちの糧を受けることができますように。
拝領唱も興味深いので記しておきましょう。
拝領唱
博士たちは東の国でそのかたの星を見て
贈り物を携え、主を拝みに来た。
拝領祈願
全ての人の父である神よ、
いつもあなたの光でわたしたちを導いてください。
救いの神秘にあずかったわたしたちが、
日々、信仰と愛に進むことができますように。

星の導き、信仰の光、博士たちは黄金、乳香、もつ薬という贈り物を携え、主を拝みに、東の方から主のもとに訪れました。そしていま、私たちが主イエス・キリストご自身をあらわす供えものとしてパンとぶどう酒をたずさえて主のもとに集まってきます、その供え物が私たちにとっていのちの糧になるように願いながら。
今日の叙唱に目を向けたら、その焦点は諸国民の光キリストとなっています。
あなたは御子キリストを遣わし、
諸国の民に救いの神秘を示してくださいました。
キリストは死に定められた人間の姿をもってあらわれ、
わたしたちを不死のいのちに呼びもどされます。
原文にもちょっと近い訳にすれば、少し理解しずらい日本語になりますが、前半・後半の繋がりを保ちながら、
今日、あなたは御子キリストを遣わし、
キリストは死に定められた人間の姿をもってあらわれ、
諸国の民に救いの神秘を示してくださいまして、
その不死のいのちの栄光をとおして私たちを新たにされました。

今日の集会祈願のテーマがより理解できます。すべての民の光である父よ、あなたはこの日、星の導きによって御ひとり子を諸国の民に示されました。
光、星、遠く、東方から旅しながらお生まれになった新しい王様、真の王様を求めて来た学者に視点を置くと、この祭日は、今わたしたちに何の意味があるか。彼らは東から星(光)を追いかけて真の光、真の王を求めて旅した。聖フランシスコ・ザビエルとその仲間は東へ旅をしました、その真の王の誕生の福音を皆に述べ伝えるために。あらゆる文化にその福音の種を見だし、その種を蒔きました。ベツレヘムでお生まれになったマリアとヨセフの幼子はその生まれのベツレヘム(パンの家という意味)にあやかって諸国民にとって、いのちのパン、いのちの糧となりました。
博士たちは教会の長い歴史の流れを通して3人だけだったと考えるようになったが初代教会にとって必ずそうではなかった。7人の話もあるし、12人だったの話を読んだこともあります。そして何年前だった、遅れってきた4人目のはなしに出会いました。もしかしたら私たちがその4人目の博士かもしれません。福音によって東から来た博士たちは黄金、乳香、もつ薬を携えて拝みに来た。私たちが何を持って行けるでしょう。一つのことは決まっています。どんな贈り物を持って行ってもこの日お祝いする諸国民、あらゆる、すべての国民のための、それを超える価値のものを貰って帰路します。自分のこれからの信仰の旅の道の光、道の糧。
自分だけのためではなく、これから出会うすべての人に分かち合うための糧を。Epiphanyの人間、主を公現する人として、まだ信仰の旅に出るように招かれています。
福音:マタイ2:1-12
神言修道会 ケレハ・ブレンダン 神父