TOP画
主の降誕(2017年12月25日 <ヨハネ1・1-18>)

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。彼は光ではなく、光について証しをするために来た。その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。

むかし、瀬戸のY幼稚園に勤務していた頃、ある日、突然、子供から質問を受けた。

M子 「園長先生、結婚しているの?」
突然の質問にチョット戸惑いながら
私 「うーん、神様と結婚している。M子ちゃんも
神さまと結婚したい?
M子 「イヤ、おじいさんだもの!!」

なるほど、そう言われてみれば、子どもの多くの絵本、紙芝居、アニメ等々の神さまは、「おじいさん」だ。ローマのバチカン宮殿にあるシスティーナ礼拝堂の天上壁画「天地創造」は、ミケランジェロの傑作として有名だが、そこに描かれている天地万物と人間アダムを創造された神さまも「おじいさん」だった。
 ところがクリスマスに誕生日を祝う神さまは「赤ちゃん」だ。「おじいさん」は人間の創造の産物かも知れないが、「赤ちゃん」は神さまが受肉し、幼な子になったという人間の知恵をはるかに超えた神秘で聖書に記されている歴史的真実だ。
「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。」
「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。」
「言は肉となってわたしたちの間に宿られた。わたしたちは、その
栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって恵みと真理に
満ちていた。」
「言」とは、言うまでもなく、救い主イエス・キリストのことであり、父なる「神はその独り子をお与えになるほど世を愛された」(ヨハネ3の16)とある。

 むかし、東京在住のシスターからお手紙をいただいた。その中に、次のような出来事が書かれていた。シスターが12月初旬、あるデパートの文具売り場で、もれ聞いた店員と子ども連れの客の間で交わされた会話。

店員 「今、クリスマスプレゼントを買っていかれたお客様に”それにカードをそえて、子どもにあげたいのだけれど、クリスマスにちなんで、何と書けばいいかしら?“
と聞かれたのだけど、奥様は子どもを連れていらっしゃるので、何かいい言葉
教えてください。次のお客様から同じ事ことを尋ねられたられた時、答えられ
るようにしておきたいから・・・」
客 「そうね、”お勉強がんばりましょうね”とか、”いい子でありますように”
とか、何か子どもに期待する、お約束ごとをさせること、普通、
書くわね。・・・難しいですね・・・」
この興味ある会話を背後に聞きながら、シスターは「私だったら、そのカードにどう書こうかなと思いをめぐらした」と。
 ところで、皆さん、あなたなら、そのカードに何を書きますか?その後、シスターはプレゼントと褒美はちがうと考え、ある女子修道院で子ども用のクリスマス・メッセージの書かれたカード1セットを買い、コメントを添えて店員さんに送りました。
聖心教会 岩崎一二三 神父