TOP画
聖家族(2017年12月31日 <ルカ2・22-40 >)

モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はイエスを主に献げるため、エルサレムに連れて行った。それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。シメオンが"霊"に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおりこの僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救いで、異邦人を照らす啓示の光、/あなたの民イスラエルの誉れです。」父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」また、アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。親子は主の律法で定められたことをみな終えたので、自分たちの町であるガリラヤのナザレに帰った。幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた。

終わりにしていい言葉で始まるのは例外的、原則を無視しているのは承知の上で、次の祈りをまずゆっくり心に受け止めながら、今日の聖書朗読の箇所と今日の祝日について考えたい。

聖家族への祈り

イエス、マリア、ヨセフ、
あなたがたのうちに、
まことの愛の輝きを見、
信頼をこめてあなたがたにゆだねます。

ナザレの聖家族よ、
私たちの家族をも
交わりの場、祈りの高間、
福音のまことの学びや、
そして小さな家庭の教会としてください。

ナザレの聖家族よ、
家庭の中で決して、
暴力も、排除も、分裂も起こることがありませんように。
傷ついたひと、つまずいた人が皆、
直ちに慰められ、いやされますように。

ナザレの聖家族よ、
わたしたち皆が、
家庭の神聖で不可侵な性格と、
神の計画におけるそのすばらしさを自覚することができますように。

イエス、マリア、ヨセフ、
わたしたちに耳を傾け、
わたしたちの願いを聞き入れてください。
アーメン。
(教皇フランシスコ、使徒的勧告,「愛の喜び・Amoris Laetitia」、カトリック中央協議会、2017年8月30日、pp. 281-283)

 教皇フランシスコは去年発表された使徒的勧告,「愛の喜び」に現代社会における結婚と家庭が直面している諸問題を具体的に指摘しながら、皆さん、司教さん、神父さん、すべての信者はどう対応すべきかをわかりやすくて話しています。そして2014年と2015年に開催された全世界の司教代表者会議(Synodos)中浮かび上がったその諸問題を思い出しながら、この祈りを書いたとよくわかります。
 残念ながら世界中どこでも、日頃の家庭内に暴力も、排除も、分裂も起こっています。傷ついたひと、つまずいた人が後を絶たない。家庭の神聖で不可侵な性格は様々の形で無視されています。
 来年の8月アイランドの首都ダブリンに「世界家族大会」が開催されます。その準備の一角として「Amoris: Let’s Talk Family! Let’s Be Family – 愛:家族を話し合う、家族になろう」、というプログラムは計画されて、いま進行中、大会のHPに紹介されています。「家族」ということばの意味を拡大解釈して、誰でもその準備のプログラムと大会に参加できるように司教さんたちは呼びかけました。司教さんたちは今の社会の現実を踏まえて家族について話す、考えるのは教会の大事な使命ときちんと認識しています。今の日本に、日本の教会に、NICE II (1993, テーマ:「家庭の 現実から福音宣教のあり方を探る」)から家族の現状は大きく変わったので家族について考える、話すのは、司教さんだけではなく、皆の使命と再認識、再確認しなければなりません。
 本大会の三日間、大会のテーマである「家族の福音―世界の喜び」を教皇さんの使徒的勧告書「愛の喜び」をたたき台にしながら、“家族と信仰”、“家族と愛”、“家族と希望”を色々な角度から話し合います。
 この三つのテーマは今日の聖書朗読と典礼に深く繋がっています。アブラハムとサラは神に呼ばれて、招かれて、導かれて、旅に出ます。神の約束を信頼して、子供のない夫婦として、信仰の旅に出ます。道のりは長くてイサク(笑い、喜び)の誕生でその旅が大きく変わります。家族としてその旅を続きます。ヘブライ人への手紙はその11章をとうして、私たちの励みになるためにユダヤ人と私たちの代々の先祖の信仰と愛と希望に満ちた生き方を想い起こします。

 今日の福音朗読を短い方を選択したい人はいるでしょう。省略せずに一つ一つの文章を味わうことを薦めます。シメオンの歌は子供の誕生が希望の種であるし、神の愛と恵みのしるし、秘跡ともと言える。こどもが成長すると親を初め、周りの人の信仰、心の広さと深さを試すに違いない。「あなた自身も剣で心を刺し貫かれます - 多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。御聖堂の後ろで絶えず動き回っている、遊んでいる、喋っている、ために泣いている子供の声、わたしたちが見守るような心を試されています。イエスは聖母マリアとヨセフに見守られて、たくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていました。
 今日の集会祈願、奉納祈願と拝領祈願が聖家族の祝日は、今私たちにどういうふうに呼びかけているかきれいにまとめられています。集会祈願を唱えたときこのように祈りました。「わたしたちが聖家族にならい、愛のきずなに結ばれて、あなたの家の永遠の喜びにあずかることができますように。」そして普段ほとんどの場合、耳に届かない、心に響かない、奉納祈願を唱えるときこの言葉で祈ります。
「私の父である神よ、この供えものをささげ、ゆるしといつくしみを祈り求めます。聖マリアと聖ヨセフの取次を受け入れ、私たちの家族を恵みと平和のうちの守ってください。」

残念ながら今の日本語訳に、ある大事な原文の表現が充分訳出できていません。その祈りの意味をもっと明確にするために、もっと原文に近い祈りとして次のように私訳してみました。「私たちの和解のいけにえであるキリストをささげることをとうして、つつしんで、処女神の母マリアと聖ヨセフの取次によって、私たちの家族が恵みと平和に固く据えられますように願います。
 そして聖体拝領祈願で祝福と派遣のことばの前にこの言葉を祈ります。皆さんはこの言葉をゆっくり心に味わいながら自分の家、自分の家族、日ごろの生活に戻って祈って、心から願っています。

いつくしみ深い父よ、
とうとい秘跡で養われたわたしたちを強めてください。
いつも聖家族の模範にならい、
生活の苦労を乗り越えて、
ともに永遠の喜びに入ることができますように。
神言修道会 ケレハ・ブレンダン 神父