TOP画
主の公現(2018年1月7日 <マタイ2・1-12>)

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

主の公現の祝日には、様々な習慣があります。その一つを数年前に八事聖霊修道院で改めて体験させていただきました。ミサの前に典礼担当のシスターがわたくしに「ミサの後、時間ありますか」と香部屋まで確認しに来られました。それは、戸の祝福をしてもらいたいからだと言われ、そのことをきいてフィリピンの神学院の習慣と同じことに、神学生のころを懐かしく思い出しました。祝福の祈りの後、修道院の中の一つ一つの戸の上にチョークで「20+C+M+B+18」と書きます。両端の数字は2018年を表し、ラテン語の「Christus Mansionem Benedicat」の頭文字で、主キリストがこの家を祝福してくださる願いを込めたしるしとなります。実は、この習慣は、福音朗読の占星術の学者たちに結びついていると思われています。三つの贈り物だから、三人の博士、時々スリーキングズ(王様)と言われ、その三人の名前は、教会の伝承によると「Caspar, Melchior, Balthazar」です。すると、「C+M+B」のもう一つの意味が生まれます。幼子イエスを訪れた三人の占星術の学者たちの名前の頭文字を表すものとして使われ、そのためこの習慣が主の公現の祝日に行なうようになったようです。
そして、黄金、乳香、もつ薬という三つの贈り物が三人の学者たちが幼子イエスにささげたことで全く別の習慣が頭に思い浮かびます。それは、フィリピンでよく言われていることで、クリスマスカードやプレゼントを誰かに贈るならば、主の公現の日までは大丈夫だということです。占星術の学者たちが幼子イエスをあがめにやってきたとされる主の公現祭にちなんで、贈り物をするようになったと言われています。
さて、もともと「公現」とは、英語では、「Epiphany」ギリシャ語の「epiphaneia」の訳で「輝き出る事、現れること」というような意味です。つまり、教会はこの日「主イエスにおいて、神の栄光が現れ、人々の目に見えるようになった」という信仰を宣言し、祝うのです。一般的には、文字通りに「主」が「公」に「現」れることです。特に、異邦人への神の顕現であり、幼子イエスを礼拝するために占星術の学者たちが来たことに象徴されるように、全世界にイエス・キリストの到来を知らせたことを記念する祭りです。主イエスを知らない多くの方々にも現れます。ですから、ダビデの子孫として生まれたイエスが公にすべての人に対しても救い主として現れたことを意味します。
ユダヤ人の王の誕生を示す「星」の導きによって、エルサレムにやってきた占星術の学者たちの目的は、新しく生まれた王を拝むことでした。同じように、主の降誕を大きな喜びをもって祝ったわたくしたちは、その喜びを周りの人々に伝える使命があります。わたくしたちの生き方を通して、わたくしたちの言葉と行いを通して、わたくしたちの生活を通して、すべての人を神のもとへお連れしなければなりません。夜空に輝く星の光が、真理を求める人々を救い主へと案内したように、わたくしたちも世の光である主イエス・キリストのもとにすべての人を導くことができますように。
神言修道会 サンティアゴ・エドガルド 神父