TOP画
聖家族(2018年12月30日 <ルカ 2・41-52>)

〔イエスの〕両親は過越祭には毎年エルサレムへ旅をした。イエスが十二歳になったときも、両親は祭りの慣習に従って都に上った。祭りの期間が終わって帰路についたとき、少年イエスはエルサレムに残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。イエスが道連れの中にいるものと思い、一日分の道のりを行ってしまい、それから、親類や知人の間を捜し回ったが、見つからなかったので、捜しながらエルサレムに引き返した。三日の後、イエスが神殿の境内で学者たちの真ん中に座り、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。聞いている人は皆、イエスの賢い受け答えに驚いていた。両親はイエスを見て驚き、母が言った。「なぜこんなことをしてくれたのです。御覧なさい。お父さんもわたしも心配して捜していたのです。」すると、イエスは言われた。「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。母はこれらのことをすべて心に納めていた。イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。

ナザレのイエスは12歳。そろそろ思春期です。からだは子孫を残せるように、心は親から独立できるように、変わっていく時期です。思春期の子どもにとっては、毎日自分の身に起こる変化に戸惑いの連続です。それはまるで次々と押し寄せる大波に翻弄されながら、振り落とされないようにバランスを保とうと、息つく間もなく必死に踏ん張り続けるサーフィンが日常になっているようなものと、言えるのではないでしょうか。
イエスご自身に神の子という自覚があったのかどうかは、キリスト論におけるテーマの一つですが、人の子であるイエスがみずからを神の子と認識するに至るには、思春期の頃の悩みや思索を通り抜ける過程があったのではないかと思います。
それは、べつにイエスにだけ許された特有のものではなく、人間であれば誰もが通る道です。私はなぜここにいるのか? なぜ生まれてきたのか? そして、どこに向かって生きているのか? 生きることには意味があるのか? と、問う道です。

両親とともにパレスチナの荒れ地を歩き、エルサレムへと旅した少年イエスの目には何が見えたのでしょうか。「地の民」とも称される、日々の糧にも飢え渇く民衆の姿を見たのでしょうか。ガリラヤから道連れとなった人々は、何を求めてはるかなエルサレム神殿まで歩いたのでしょうか。病気に苦しむ家族を残し、神殿で捧げ物をすることによって神のあわれみを願うことに一縷の望みを託して、道を急いだのかもしれません。お腹を空かせたまま汗を流して畑仕事をしている農民の姿を横目に見ながら進むと、その先では大きなお屋敷の中庭でその地の領主が、家族や友人と共に豪華な食卓を囲んで宴会をしている様子が見えたりした、そんなこともあったかもしれません。エルサレムの都に着いた時には、城壁の外で、目の見えない人や足の萎えた人が道端で物乞いをするその声が、イエスの耳に飛び込んできたかもしれません。エルサレムの街の中には、商売をする人、ローマ軍の兵士、律法学者や祭司長、民の長老のような、見るからに偉そうな人々もいました。彼らが、旅の途中で目にした貧しい人々や苦しみに悩む人々とはまったく関係なくここに存在していることが、なんとも言い難い違和感として少年の心の片隅に残ったかもしれません。
とにかく、思春期の少年にとってエルサレムへの旅は、見るものも聞くものも珍しく、かつ、世の中に満ちている矛盾に直面して、きっと戸惑ったことでしょう。そう、大人ならば、世の中とはそんなもんだよと思うまでもなく、さらっと受け流してしまうところかもしれませんが。

それでも両親から限りない愛を注がれて育ったイエスには、世界が自分を愛し受け入れてくれているという自己肯定感があり、さらには両親や世界をも超えて、神である父が限りなく自分に愛を注いでくださっている、という絶対的な安心感があったのでしょう。だからこぞ旅の途中で出会うあらゆる人々を、何の偏見も先入見もなく受け入れる、大きく開かれた心を保つことができたのでしょう。
20年ほど後の、ご受難に遭われる直前のイエスは、律法学者や祭司長、ファリサイ派ともサドカイ派とも対立せざるを得なくなるわけですが、そうした立場の人々とて、ふだんは皆、まじめな信仰者であり、家族や友人、知人から見れば、心根の優しい、善意の人々だったのです。少年イエスを神殿に迎えたのはそんな人々でした。彼らは、イエスの賢さに驚嘆する前に、神殿での信心深いイエスの振る舞いに感心し、明るく優しさに満ちたその表情に目を細め、いとおしく思われたことでしょう。

イエスはこのように多くの人々と出会い、現実を目の当たりにし、神から特別な者として遣わされた自分が何をすべきか、何をしなければならないのかを、いつからともなく自問自答しながら大人になっていった。いや、自問自答と言うべきではないかもしれません。それこそ神の霊に導かれ、父なる神と対話のうちに自覚を深めていったのではないかな、というのが、わたしが勝手に想像した、思春期のイエスさまの成長のステップです。
もちろん、神の子イエスには、私たちの想像を超える神の力が働いていたのでしょう。しかし、イエスがいかに人間として成長したかを考えてみると、私たち人間も同じように成長することができ、少しでもイエスさまの背丈に近づくことができるのではないかと思うのです。イエスさまが「人となられた神の子」であるということは、私たちもイエスさまをお手本として見習うことができるということです。福音書に見られるキリストをいきなり真似しようとしても、なかなか難しいかもしれません。しかし、神の子であると同時に人の子でもあるイエスさまが、人間としてどのようにお育ちになったかを考えてみると、私たちにも少し、ヒントがつかめるのではないかと思うのです。
岡崎教会 早川 努 神父