TOP画
主の公現(2019年1月6日 <マタイ 2・1-12>)

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

主の公現の祭日に朗読される福音箇所マタイ2章1節~12節はもともとはヘロデ王に関する物語と占星術の学者たちの物語は別々に成立し、伝承の過程で1つに結合され、福音史家マタイに伝えられたものであるという。この物語がどの程度歴史的事実に基づくかは不明であるが、これが救い主、幼子イエス誕生への信仰宣言であり、またその喜びのメッセージであることは明白である。

 「まさごなす数なき星のその中に吾に向かいて光る星あり」という詩がある。「吾に向かいて光る星」が単数か複数かわからないが、真の救い主に出会うためにどのような星に導かれるかは、人によってそれぞれ異なるだろう。
 8年ほど前、求道者の勉強会で、ある若い女性に「どうして、あなたはキリスト教に出会ったのですか」と質問したことがある。彼女は次のように答えてくれた。「私に一人の叔母がいます。彼女は生来障害があって身体は不自由でしたが、しかしとても優しい心の持ち主でした。ある時、妹はその叔母からバレーシューズのような靴を贈り物としてもらいました。それは一緒にバレー鑑賞に行った時、妹の目が輝いていたからだそうです。私もその叔母と映画“ベン・ハー”を観にいったことがあります。その後、彼女は私に“イエス・キリスト物語”という本をプレゼントしてくれました。多分、映画を観ていた時の私の目が輝いていたからでしょう。この本がいつも私のそばにあり、それを読み、その延長線上に教会がありました。」

 「東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家にはいってみると幼子は母マリアと共におられた。」
 マタイ福音書1章23節に「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエル(神は我々と共におられる)と呼ばれる」とあるが、これは旧約にイザヤ予言の成就である。しかしメシアの星はヘロデ王やユダヤ人にではなく、彼等が敵と考えていた東方の異邦人の占星術の学者たちに現れ、導く。神から最も遠い存在である人々の中に幼子イエスは誕生する。神から遠い存在の一人が“あなた”であり“わたし”である。神の永遠のいのち、すなわち時空、善悪、生死を超えたほんとうの喜びが私たち一人ひとりの内に宿る。これは人間の祈りや努力や修行で獲得できるものではなく、全て神からの無償の贈り物である。私たちは今、ただ心を開いてその贈り物を受け取り、その素晴らしい恵みに感謝したいと思う。

  「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げた」
 あるホテルで働いていた東南アジア出身の青年がいた。彼はクリスマスの季節になると必ず教会に献金を持ってきた。世界各国から来てホテルに宿泊するお客様から貰うチップ(いろいろな國の紙幣や貨幣)を一年間貯めて、それを幼子イエスに捧げるのが、彼のクリスマスの楽しみであり喜びである、と言っていた。
聖心教会 岩崎 一二三 神父