TOP画
年間第14主日(2020年7月5日 <マタイ11・25-30>)

そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。・・・」とてもありがたいイエスさまの言葉です。現代の社会に生きようとする私たちには絶えず、いろいろな難問や課題が生じます。家庭のこと、仕事のこと、健康や将来のことなど、誰にでも大なり小なり労苦があり、不安や思い悩むことがあるはずです。それが、増長すると憂鬱になり、嵩じると病的な症状へ進むことにもなりかねません。そうした、現代の私たちに今日のみことばは希望と慰めが与えられるものです。
 しかし、注意して聞かなければならないことは、イエスさまは、私たちが身に負う苦難の全てを取り去ってあげようと、言っておられるのではあません。軽くしてあげようと言われるのです。イエスさまの話しに耳を傾け、信じて学ぶことによって、信仰を得ることが出来れば、自分が思い悩むことに対して、気持ちを変えて受け留めることが出来るようになるはずです。私たちが重荷を背負うことによっても神さまは導きを与えようとしてくださるのです。それは、神さまの慈しみです。私たちに対する愛です。
福音の時代、自分は他の人より優れていると思い込んでいる人々がありました。律法に精通し、それを忠実に守って生きていると自負する律法学者たちです。祭司長や長老と呼ばれる人たちも同様だったでしょう。他にも、自分の財産に頼って生きることによって、他の人を蔑むような言動をしたり、政治を司ることによって、自分には何でも出来ると思い込んでいる人たちもありました。この人たちの多くは、自らの力によって自分を救うことが出来ると思い込んでいたのです。ですから、彼らは他からの助けを得ようとは思わないし、他の人との友誼的な関係を保とうともしないのです。彼らはイエスさまの話しを聴く耳を持たないのです。話しを聴かないばかりか、機会あるごとに陥れようとし、敵にまわすことを考えていたのです。
そうした人たちとは異なり、日々を生きることに精一杯で、律法を学ぶことも、それを守ることすら容易でない多くの人にとっては、律法が負担となり、心のよりどころになるどころか重荷となることもあるのです。当時、律法にはその時々政治家の都合によって細かい規則が加えられ、守らなければならないこと、してはいけないこと併せて600くらいもあったそうです。それらを守ることによって救われると教え込まれていたのです。そうなると律法は、社会の秩序を保つとか、人を良き方向へ導くというより苦しみを増すものに他ありません。
イエスさまは、このような弱い立場に置かれている人にこそ福音を伝えたいと思われたのです。この小さな人々が福音に耳を傾け、それを受け入れ信頼を寄せて救いを得ることを望んでいたのでしょう。福音を聴くことによって、自分がいかに神様から大切に思われている者であるかを知り、信仰に導かれることをイエスさまは望んでおられたのです。この平凡な人、社会的な地位を得ていない人、蔑まれている人たちこそ、真の信仰者となったのです。
イエスさまは、小さな人に寄り添い、慰めを安らぎを、希望を与えようとなさったのです。信仰を得るということには、何も難しい理屈や解き明かしは必要としないということです。求められるのは、心の持ちようです。今でもそうでしょうが、福音を
受け入れる人もあるし、信じようとしない人もあるでしょう。信じるということは、救いに与ることへの端緒です。私たちもイエスさまの許へ導かれ、神様からの「よい知らせ」を聴く恵みに与れる者となりました。素直な心でこれに耳を傾けたいものです。
 それでも、私たちは、ときに、今の社会で普通に生きることすら困難に思うこともあります。しかし、その困難をイエスさまが一緒に担ってくださることを信じることが出来れば楽になれるはずです。素直な心でイエスさまの話しを受け入れることができるようになりたいものです。「休ませてあげよう」と、言われたイエスさまの言葉を信じることが出来れば良いのでしょう。(おわり)
名古屋教区 真野 和夫 助祭