沿革・歴史

教区小史

名古屋教区は、東京教区の一部であった愛知、岐阜の2県と新潟知牧区の一部であった福井、石川、富山の3県を合わせ、1922年2月18日知牧区として設立、ドイツの神言会に委託された。初代教区長には新潟教区長であったJ・ライネルス師が兼任し、1926年にJ・ライネルス師は新潟教区長を辞任し、名古屋教区だけの教区長となる。1941年同師の名古屋教区長辞任によって松岡孫四郎師が新潟教区と名古屋教区の教区長代理を兼任した。1945年同師は新潟教区と名古屋教区の教区長となる。1953年新潟教区長に野田時助師が任命され、松岡司教は新潟教区長を辞任し名古屋教区だけの教区長となる。1962年4月16日名古屋知牧区は司教区に昇格、松岡教区長は初代司教として叙階された。1969年松岡司教は教区長を辞任、相馬信夫師が同年司教に叙階され教区長に就任した。1993年4月5日相馬司教の後任として野村純一師が任命を受け、同年7月4日、司教に叙階された。2015年3月29日、野村司教の後任として、大阪教区補佐司教だった松浦悟郎司教が任命を受けた。

現在ホームページのリニューアル中です。ご不便をおかけしますがご了承ください。- 名古屋教区ホームページ担当 -