王であるキリスト(2020年11月22日 <マタイ 25・31-46>)

〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く。そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』  そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』それから、王は左側にいる人たちにも言う。『呪われた者ども、わたしから離れ去り、悪魔とその手下のために用意してある永遠の火に入れ。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせず、のどが渇いたときに飲ませず、旅をしていたときに宿を貸さず、裸のときに着せず、病気のとき、牢にいたときに、訪ねてくれなかったからだ。』すると、彼らも答える。『主よ、いつわたしたちは、あなたが飢えたり、渇いたり、旅をしたり、裸であったり、病気であったり、牢におられたりするのを見て、お世話をしなかったでしょうか。』そこで、王は答える。『はっきり言っておく。この最も小さい者の一人にしなかったのは、わたしにしてくれなかったことなのである。』こうして、この者どもは永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命にあずかるのである。」

旧約の預言者たちは神の支配が実現する「終末の時」について語りました。それは人々が罪から解放されて神の支配が完成して、罪によって生じた人類が分裂から解放されて全人類の一致が回復する時がくる約束です。今日の第一朗読のエゼキエル書は「主なる神はこう言われる。・・・牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わたしは自分の羊を探す。」と神の約束を語っています。人間は罪に対して無力であるが、神の愛が人間の心の頑なさに打ち勝って人間を救うことの約束です。そして神の救いをもたらす理想の王である(例、イザヤ9・5~6)と言います。エゼキエルはこの王のことを牧者と言いました。一方預言者たちは救いをもたらすのは、罪人の身代わりに自分のいのちを償いのいけにえとして捧げる神のしもべ(例、イザヤ53・1~5)とも語っています。このように預言者たちが語った、王としての栄光ある神の救いをもたらす者と苦しみを受けて自分のいのちを捧げて神の救いをもたらす者は、新約聖書においてイエス・キリストにおいて実現したと教えています。イエスは「わたしは良い羊飼いである。・・・わたしは羊のために命を捨てる(ヨハネ10・14~15)。そして弟子たちに「わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネ15・12~13)と言い聞かせています。
 復活したイエスは弟子たちに「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行ってすべての民をわたしの弟子にしなさい。」(マタイ28・18~19)と言って派遣しました。今日のマタイの福音は終末の完成のとき「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。」と人々がイエスに従ったとき初めてイエスは王となります。
 教会は典礼歴の一番最後の主日に「王であるキリスト」を祝います。それはイエスの到来によって始まった終末の完成を祝う日だからです。
名東教会 野村純一 名誉司教