年間第5主日(2022年2月6日 <ルカ 5・1-11>)

イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来た。イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められた。話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われた。シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからである。シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。

今日の福音で注目する箇所は、イエス様がシモン・ペトロに「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」というお言葉に対してのペトロの返事です。ペトロは、「お言葉ですから、網をおろしてみましょう」と答えます。この返事はそう簡単に出る言葉ではないのです。何故ならゲネザレト湖で長年漁をしてきたペトロたちは、昨夜、夜通し苦労しながら漁をしたのですが、一匹の魚も捕れなかったのです。ですから陽が昇り、疲れ果てていたが、次の漁に向けて網を洗い繕っているところに、イエス様の「漁をしなさい」という命令だったのです。ペトロたちはそのイエス様のお言葉に、戸惑ったと思います。何故ならイエス様は大工であって、漁には全くの門外漢だったので、その素人の言葉をどう受け止めたらよいものかわからなかったと思います。即座に、「それは無理です、わたしたちは長年ここで漁をしてきました。それでも捕れなかったのです」と、断ってもよかったと思います。でも、「お言葉ですから、網をおろしてみましょう」と言って漁に出かけ網を降ろしたのです。
そのようにした理由は何かといいますと、イエス様は、前の晩ペトロの家にお泊りになっておりますし、そこでペトロの姑が高熱を出して苦しんでいるのを癒されていますし、それまでにイエス様は、故郷のガリラヤに戻られ、本格的な宣教活動をされていました。汚れた霊に憑りつかれた男の人を癒したり、多くの病人を癒されています。男の人に憑りついた悪霊に対してイエス様は、「黙れ。この人から出ていけ」とお叱りになると、悪霊はその男の人から出て行ったのです。人々はみなイエス様の言葉の権威と力に驚いていたのです。大勢の群衆がイエス様のところに押し寄せてきて、神様の言葉を聞こうとしていたのです。
ですから、ペトロもこのイエス様の言葉に何か力がある、威厳があると感じて、「お言葉ですから」と言って網を降ろしたのです。そうしたら思いもよらない大漁で、自分たちの舟だけでは魚を引き上げることができなかったので、ヤコブとヨハネ兄弟の舟にも手伝ってもらわなければならないぐらいだったのです。この出来事があって、それまで何となく聞いていたイエス様に対する畏敬の念が強まり、自分の至らなさ、神様に対する不信仰に気づき、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と、いわばペトロのこの時の信仰告白をしたのだと思います。そんなペトロをイエス様はご自分の弟子とされたのです。
同じように、人間の常識とはかけ離れた言葉をかけられた人にマリア様がいます。ある日突然、マリア様は大天使ガブリエルから神様の言葉が告げられます。「おめでとう、恵まれた方、主があなたと共におられます。」この言葉は何だろうと考えこむマリア様に対して、大天使ガブリエルはさらに言葉を続けます。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産む」と。それに対してマリア様は、「どうしてそのようなことがあり得ましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」と言って戸惑います。人として当然の受け答えだと思います。しかし、マリア様は神様に対する信仰心から、「お言葉とおり、この身になりますように」と承諾されます。この承諾によってマリア様は神の母、後に教会の母、わたしたちの母になられるのです。
主の招きの声は様々なしるしによって聞こえてくるのではないのでしょうか。マリア様もシモン・ペトロも人間の常識を超えたところの状況でみ言葉に接しています。わたしたちもどのような状況かわからないところで神様の言葉を聞くかわかりません。でもその声を聞いたなら恐れることなく耳を傾け、ペトロやマリア様のように「お言葉ですから、そうしましょう。お言葉のようになりますように」と答えたらいいのではないでしょうか。主のみ旨は、日々賢明な人に明らかにされますし、主はご自分の恵みでその人を助け導いてくださるのですから。
押切・小牧・守山教会 早川 和彦 助祭